ごあいさつ

1991年に会計・税務の世界に関わるようになり、四半世紀が過ぎました。その間、バブルの崩壊、エンロン事件、リーマンショックなどを通じ、国内外の事業環境は劇的に変化し、それに応じ会計・税務も進化してきました。この間、会計監査、M&Aに関わるデューディリジェンス、事業再編、事業承継など多岐にわたる業務に関与して参りました。

日比谷総合会計事務所はこれまでの経験、知識を発揮し、「クライアント・ファースト」の信念のもと日々不断の研鑽に努め、自己変革を図りつつ、クライアントの皆さまに最良のサービスをご提供いたします。

また、日比谷総合会計事務所は、これまでの経験を基礎とし、わが国の会計制度及び税制の改善に対する取り組みにも関与し、会計制度及び税制のインフラ構築に貢献したいと考えております。

日比谷総合会計事務所は、こうした信念及び取り組みを通じ、クライアントの皆さまと共に成長することに努めて参ります。

日比谷総合会計事務所
代表パートナー
公認会計士・税理士 高橋龍徳

共同代表パートナー
税理士 川和真哉

高橋龍徳 プロフィール
1991年 慶應義塾大学商学部卒業
公認会計士2次試験合格
監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)に入社
主に米国会計基準の監査に従事
1995年 公認会計士3次試験合格 公認会計士登録
1997年 高野総合会計事務所(現税理士法人高野総合会計事務所)入所
1998年 税理士登録
2001年 株式会社ストラテジック・シナリオグループの設立に参画
主に、M&A、デューディリジェンス、企業評価、企業再編・再生、事業承継に関連する会計・税務業務に従事
2016年 日比谷総合会計事務所を開設 代表パートナーに就任
川和真哉 プロフィール
2000年 学習院大学理学部数学科中退
2007年 永和総合事務所入所
主に中小企業の税務顧問業務に従事
2009年 税理士法人虎ノ門共同会計事務所入所
主に組織再編業務、事業承継・相続業務に従事。また、企業及び個人
(オーナー系)の税務顧問業務に従事。
2010年 税理士試験(合格科目:簿記論、財務諸表論、法人税法、相続税法、消費税法)合格
2011年 税理士登録
2017年 日比谷総合会計事務所に参画 共同代表パートナーに就任